『明日から使えるパノラマエックス線写真による画像診断』

 パノラマエックス線写真は、日常の歯科診療における診断のために広く利用さ
れています。しかし一方で、臨床医の先生がパノラマエックス線写真の正常エッ
クス線解剖や読影法を基礎から学ぶ機会は少ないように思われます。今回の生涯
学習研修会は、パノラマエックス線写真における正常な画像解剖や障害陰影、鑑
別を必要とする顎骨病変の特徴的エックス線所見等について、講義と実習を通じ
て習得することを目的としています。
本研修でぜひパノラマ診断力の向上をはかり、日常の歯科臨床に一層役立てて頂
ければと思います。
 なお本研修会終了後に、歯科放射線准認定医・認定試験を実施致しす。同試
験を受験し合格されますと、NPO法人日本歯科放射線学会認定「歯科放射線准認
定医」として登録され、認定証が交付されます。

・日時:2018年6月17日 (日) 13:00- 17:00 (16:30-17:00は准認定医認定試験)
・会場:大阪歯科大学附属病院(西館5階・臨床講義室)
・世話人:清水谷公成 (大阪歯科大学歯科放射線学講座 教授)
・研修会内容:パノラマエックス線画像の正常解剖、障害陰影の確認および読影実習
・募集人員:20名 (先着順に受け付けます)

研修会参加費:20,000円
歯科放射線准認定医・認定試験受験料:20,000円
(合格後の認定証交付料を含む)
日本歯科放射線学会入会金および年会費:11,000円
(内、年会費:10,000円)

 准認定医登録は、日本歯科放射線学会の会員であることが条件となります。
非会員の先生はぜひこの機会にご入会下さいますようお願い致します。

 申込期限:2018年5月25日 (定員に達し次第、募集を終了させていただきます)

※プログラム詳細、申し込み用紙はこちらからダウンロードしてください。